船井総研 フードビジネス支援部
経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部

お電話でのお問い合わせ0120-964-000

セミナーに参加する

お電話でのお問い合わせ0120-964-000

セミナーに参加する

このような方にオススメ

  • 全国の自治体(市町村)内で「道の駅」に関わる職員の皆様

  • 地域商社およびそれに準ずる事業者

  • 各地域の観光事業に関わる皆様

  • 地方銀行で地域振興に携わる皆様

本セミナーのポイント

  • 年間利用者68万人!計画対比200%達成の秘訣は観光客を集めること!

    地方から始まっている人口減少の時代に道の駅に利用者を増やすのは地域外のエリアから人を集めることが絶対条件!年間65万人を集める施設が観光客を集めるための仕掛けをご紹介します。
  • 地域の農産物を使った名物商品を年間30,000個販売するポイントを徹底公開!

    地元の養鶏家の卵を使ったプリンを名物化し、フードアクションニッポンアワード2018を受賞!年間30,000個販売する地元の農産物を加工した名物商品「とろたまプリン」の成功のポイントを徹底公開!
  • 名物商品づくりは「市場性」と「独自性」が必要!

    名物商品づくりの絶対条件は売れること。そのためには「市場性」と「独自性」を持つことが必須です。市場性の捉える方法と独自性の作り方のポイントと更に効率的に製造できる商品をご紹介します。
  • 名物商品で道の駅に人を集める「ブランディング」手法!

    良いものを作って、良いものをそろえても利用者が来なければ商品は売れません。道の駅に広域からお客様を集めるためのブランディングのポイントは「メディア」活用!TV・新聞・雑誌とWEB・SNSを連動させて自分達の取り組みを広めていきます!
  • 地域に愛され、利用される施設になるのは農家との連携がポイント!

    道の駅の理念の一つにある「地場産品を活かした商品開発を行い」、名物加工品が売れることで農家も利益を享受できることを目指す!農家も利用者も施設も利益のでる「三方よし」の発送が道の駅を高めます!
お電話でのお問い合わせ0120-964-000

セミナーに参加する

成功事例

  • 1.観光客への「モノ」と「コト」づくりで計画比200%の年間68万人を集客!

    道の駅ましこは「①地域の農産物・加工品販売」「②地域食材の食事提供、農産物の付加価値創造」「③地域農産物の6次化商品の開発、販売」「④観光案内・移住定住相談、展示企画、ツーリズム」4つの事業を軸に「地域の農産物の商品開発と付加価値創造」と「体験」を強化して、利用客を計画比200%の65万人を集客しています。「モノ」づくり、「コト」づくりの取り組み方をご紹介いたします。
  • 2.オリジナル商品を3万個販売し大手のコンビニとの取引も開始!

    プリン1つにタマゴ1個。地元農家の良質な卵を贅沢に使用!道の駅ましこの定番商品となった「とろたまぷりん」は年間30,000個以上を売り上げ、2018年にはフードアクションニッポンを受賞し、道の駅外でも売れるブランド商品に成長。商品開発の考え方と育成方法をご紹介いたします。
  • 3.農家との協力体制の作り方!地元農家との共生こそが道の駅の成功の近道!

    道の駅ましこの定番商品となった「とろたまぷりん」の成功で養鶏場が後継者問題を解決!後継者がいなくて廃業を決意していた養鶏場が、道の駅向けの販売が1,000万円を超え、ご子息が東京から地元にUターンし跡取りを決断!道の駅の活性化で地域の農業を守った事例をご紹介します。
お電話でのお問い合わせ0120-964-000

セミナーに参加する

セミナー詳細

名物単品づくり成功事例紹介セミナー
(セミナー番号:045134)

一般企業:30,000円 (税込 32,400円)/ 1名様

会員企業:24,000円 (税込 25,920円)/ 1名様

※ご入金の際は、税込金額でのお振り込みをお願い致します。

※会員企業様とはFUNAIメンバーズPlus各業種別研究会にご入会中の企業様です。

お申込みについて
ご入金確認後、マイページにて受講票をご確認いただけます。
お振込先について
三井住友銀行(0009) 近畿第一支店(974)普通預金 口座番号:5785303
受取人名:カ)フナイソウゴウケンキユウシヨ セミナーグチ
第1講座 13:00~13:45
2020年前に考えておきたいこれからの道の駅・直売所が取り組むべきこと!
株式会社船井総合研究所 地方創生事業部 チーフ経営コンサルタント
楠元 武久
第2講座 13:50~14:50
地域資源使った商品開発で年間65万人の集客に成功!
大手コンビニとも取引する「道の駅ましこ」の成功の秘訣とは?
道の駅ましこ 支配人 神田 智槻 氏
第3講座 15:00~16:00
事例公開!徹底解説!
名物商品開発のイロハと集客法をまとめて大公開!
株式会社船井総合研究所 地方創生事業部 チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
第4講座 16:00~16:30
~明日からすぐにできること~
株式会社船井総合研究所 地方創生支援部 部長
中野 靖識

申し込みに関する問い合わせ◆中田

内容に関する問い合わせ◆前田

お問い合わせ電話番号:0120-964-000(平日09:30~17:30)

 

キャンセル料について

お客様のご都合で参加を中止される場合は、下記のキャンセル料をお支払いいただきます。
なお、キャンセルは、平日(月曜〜金曜)9時30分〜17時までにお電話にてご連絡くださいますようお願いいたします。

  • 【キャンセル料】
  • ■セミナー開催日から3営業日(土・日・祝除く)前の17時まで:いただきません
  • ■セミナー開催日から3営業日(土・日・祝除く)前の17時〜開催前日まで:ご参加料金の50%
  • ■セミナー開催当日:ご参加料金の100%
東京
  • 日程:2019年05月10日(金)

    時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)

    場所:船井総研 五反田オフィス…… JR五反田駅西口より徒歩15分(≫地図)

      (東京都品川区西五反田6-12-1)

    >このセミナーに申し込む
お電話でのお問い合わせ0120-964-000

セミナーに参加する

講師紹介

  • 道の駅ましこ 支配人

    神田 智槻 氏

    富山県出身。1977年生まれ。富山県の高校を卒業後、都内で映像関係について学び、AD等の仕事を行った後、2001年に賃貸ペンションの経営をするために益子に拠点を移し、契約期間終了後の2005年に自身のペンションである「益古時計」を開業する。道の駅検討委員会の委員となり、支配人として選出され着任した。
  • 株式会社船井総合研究所 地方創生事業部 チーフ経営コンサルタント

    楠元 武久

    学生時代は土壌が専門、その後、商社にて肥料原料の取引業務担当。1998年より船井総合研究所に入社。環境負荷が少なく、循環型社会を実現する農業のあり方を推進中。
  • 株式会社船井総合研究所 地方創生事業部 チーフ経営コンサルタント

    前田 輝久

    食品専門店の店舗開発や活性化のコンサルティング支援を行っている。なかでも、卵、豚肉、豆腐などの生産者・中小食品メーカーの直売店開発支援では定評がある。
    「即時業績向上」「力相応」をモットーに、すぐに実践できる実現可能な提案を行っています。「生産者、メーカーの自立」をポリシーに、中小企業が市場価格や卸先の影響に負けないで永続できる企業になるためのコンサルティングを行っています。
  • 株式会社船井総合研究所 地方創生支援部 部長

    中野 靖識

    戦略の立案から展開、定着まで、経営全般にわたり幅広いコンサルティングフィールドを持つ。主にコンシューマー向け企業の現場における具体的な活性化業務に従事し、メーカーの営業戦略立案、展開サポートに多くの成功事例をもっている。
    JRCA登録QMS審査員補。

お申し込みはこちら

東京
  • 日程:2019年05月10日(金)

    時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)

    場所:船井総研 五反田オフィス…… JR五反田駅西口より徒歩15分(≫地図)

      (東京都品川区西五反田6-12-1)

    >このセミナーに申し込む
お電話でのお問い合わせ0120-964-000

セミナーに参加する